WiMAXのここがいやだ
ホーム > 薄毛 > 薄毛とヘアサイクルの関係

薄毛とヘアサイクルの関係

「薄毛(うす毛)」というのは何かしらの原因で、髪の毛が抜けてしまって、その挙句に、髪の毛が希薄化して地肌がむき出しにしてしまうことを意味します。これは、髪の毛そのものが消え失せているということではありません。ライフスタイル改善や専門の医療機関でのケアでトラブルが軽減されることだってあります。

取り敢えず知らなければいけないことは、「毛は引き抜ける」ということなのです。 髪の毛が引き抜けることと薄毛(うす毛)の状況は全然似ても似つかない問題です。 毛髪には、毛髪それ自身の寿命があって、人生を通じて抜け落ちない髪の毛はあり得ません。 寿命に達した毛髪が抜けて生まれ変わるのは自然なことで、 1日80本 - 100本くらいの抜け毛だったら心配することありません。 毛髪は、"抜けては今までになかった髪の毛に生え変わる"という「毛の新陳代謝(ヘア周期)」 を何回も起こすおかげで、しかるべき髪の毛の量がキープされているのです。

しかし、抜けやすい状態になってしまっている頭部の肌、毛穴、頭髪があるのは事実で、 抜けやすくしている原因が髪の毛が少ない理由の時もあるのです。 根本的には、抜け毛は減少したとしても薄毛(うす毛)はおいそれとは正常化しないということなのです。


髪の毛は一定の周期で生まれ変わっています。『成長期』(新しい髪の毛が成長するターム)→『退行期』(成長が低減するターム)→『休止期』(100パーセント成長がストップし髪の毛が抜けてしまう)という周期(毛の新陳代謝)が、一般的に2年から7年で反復されているのです。
薄毛(うす毛)・抜け毛のほとんどすべては、この毛の新陳代謝がなんらかの原因で短くなって、髪の毛が完全に育つ前に抜けて無くなることで発症します。この発毛のサイクルがキッチリと回ることが欠かせません。

成長期のはじめの髪の毛はソフトな軟毛なのですが、正常な人のケースでは、硬く太い毛に成長をしていくのです。ただし毛の新陳代謝(発毛サイクル)に異常が見られるケースでは、この軟毛の時点で抜けてしまう可能性が高いのです。そうした後、細く産毛っぽい髪の毛ばっかりが目立つようになって、少しずつ髪の毛にボリューム感が消え失せて頭部の肌が露出してくる・・・言い換えれば「薄毛(うす毛)」となるのです。
AGAは「毛の新陳代謝の乱れ」が一番の原因の1つだと言えます。
一般的に、自然に抜けて無くなる頭髪は1日あたり100本くらいなんですが、抜け毛が多いシーズン(秋頃)になると抜け毛の数が増えることもあって、一日当たり200本程度抜け落ちるケースがあります。


ゴリラクリニック aga 料金